EDAG Japan

朝陽に輝く富士山 (© Koichi_Hayakawa, https://creativecommons.org/licenses/by/4.0/ クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(表示4.0 国際))を改変して作成

EDAGはグローバル·モビリティ·エンジニアリングのエキスパートです。

私たちは、車両の開発·生産プロセスおよび開発プロセスの最適化の専門家です。 自動車開発に関しては、各個の車両開発に関する諸要求·課題に対し車両開発全体を完全に包括できるアプローチが出来るパートナーが必要です。 車両開発への情熱を持つ御社のエンジニアリングパートナーそれがEDAGです。

 

当社の専門知識には、車両、生産設備、派生物、モジュールの統合開発と最適化が含まれます。 これにより、私たちは自動車業界で認められている独立したエンジニアリングのエキスパートとしての今日の地位を確立しました。 我々は、御社の未来のモビリティのビジネスへの橋渡し役です。


Wiesbaden/Hannover

EDAGは、タクシーのワイヤレス充電に関する研究プロジェクトに参加しています。

更に表示

Frankfurt

さまざまな車両環境センサーからのデータをリアルタイムで車両環境モデルに組み合わせることは自動運転機能の開発に基本要件です。収集されたデータの融合には2つの方法があります。「オブジェクト融合」では車両や歩行者などのオブジェクトが検出され各センサーによって個別にマークされます。全体像を与えるためのオブジ…

更に表示

Frankfurt

EDAGは欧州のパートナー9社との共同開発により、自動車 軽量構造用の新らしい異種材接合技術を開発しました。

EU研究プロジェクト:FlexHyJoinにおいて、質量最適化の観点からスチールと熱可塑性ポリマーとの全く異なる材料の接合を実現し、かつ全自動ステーションでの生産を可能としました。

 

更に表示

Frankfurt

EDAG BFFT Electronicsは人工知能を使用して視界が悪い場合でも自動運転を支援するソフトウェアを開発しました。 DiFoRem(Dirt&Fog…

更に表示

Fulda

EDAGグループはAR / VRコラボレーションを使用して、「あらゆる場所でのエンジニアリング」を可能にします。…

更に表示

Wiesbaden

完全に自律的な輸送および作業車両にて都市の交通渋滞を過去のものにし、新しいビジネスモデルを切り開きます。

更に表示

Wiesbaden

EDAGは、BMWから次世代車の開発を委託されました。 このプロジェクトの特別な点は、EDAGが車体およびインテリアに関する開発・製造のプロセスチェーン全体を網羅する開発を請け負うという事です。

  …

更に表示

EDAG – グローバルモビリティエンジニアリングのエキスパート

私たちは常に前を向いています。 私たちを動機付けるのは、テクノロジーの魅力と一体化したモビリティの未来です。

YOUTUBEで見る(英語のみ)

EDAG シティボット

「突然ですみませんが、自己紹介してもいいですか?私はモビリティの未来であり、スマートシティで働く者です。」 EDAG CityBotは、旅客の輸送から配達の旅、街路清掃などのサービスまで、都市部のあらゆるモビリティアプリケーションをカバーできる群れで働くインテリジェントなモジュール式ロボット車両です。

YOUTUBEで見る(英語のみ)

EDAGデジタルサービス-顔追跡のケース

車両は、常時世界中に設置されているセンサーでデータを収集します。 EDAGは、EDAGサーバー上でセンサーデータが収集、分析、判断され、特定のデータパッケージに処理されるときに、この膨大な量の情報をどのように活用できるのかを示します。

YOUTUBEで見る(英語のみ)

エンジニアリング·プロジェクトでの共同作業:効率的。 持続可能な。 ソファでのアフィン(疑似)空間。

時間と費用のかかる出張費を節約:革新的な「ソファ·コラボレーション」のコンセプトは、時間とリソースを節約するエンジニアリング·プロジェクトのためのVR / ARテクノロジーのスマートな実装を実証します。 エンジニアは、計画からメンテナンスまで、ソファから実際に生産エンジニアリングに参加できます。

YOUTUBEで見る(英語のみ)

EDAG JAPAN

弊社のご紹介- EDAG JAPANは、「モビリティ」という日本の自動車産業の新たな進化形態においても主要な役割を担い続ける事をお約束します。

15 年 日本での事業

5 コア・コンピタンス

15 お取引先

EDAG TECH INSIGHTS
歩行者保護、自動運転、人工知能、予知保全、人間とロボットのコラボレーションなど、さらに多くの発見ができます!

EDAGグループのブログは、車両エンジニアリング、電気/電子機器、生産ソリューション、ソフトウェアとデジタル化の技術分野からの刺激的な知見に興味がある人へ向けて発信しています。最新の記事をご覧ください。

Can A-SPICE be implemented efficiently and practically? We say yes, and show how we were able to substantiate A-SPICE Level 2 in all processes in an independent assessment!

04.08.2020 |

Processes make all the difference! This also applies to the creation of software. Particularly to software - because unlike products that you can get hold of, the quality of software cannot be evaluated afterwards. In the near future, mobility without software will not be conceivable. Software provides more comfort, greater safety and controls the vehicle's drive system. More extensive networking and the growing degree of automation are increasing the complexity of the software functions implemented. Stable processes are essential if this complexity in development is to be mastered. Processes create the conditions for collaboration across company boundaries, in international teams and also in remote teams (development from the home office). A-SPICE provides a framework for defining our own processes and evaluating their implementation in projects.

Read more
The Feynsinn team: we give digitalisation a voice.

29.07.2020 |

Podcasts can be audio books, news items, guides, tutorials or interviews. According to a survey, in Germany alone, more than 7.5 million listeners use podcasting as an informative and entertaining medium, for example as a means of acquiring technical knowledge (Statista, 2019). Quick, compact, efficient and available everywhere. In 15-20 minutes. Among these 7.5 million are our two colleagues Vasileios Kitsios and Christ Huber from FEYNSINN. The idea of creating the Feynsinn podcast arose not only as a result of their enthusiasm for these digital messages, but much more as a way of helping companies to overcome any fear of digitalisation they might have and describing the opportunities offered by digital transformation to them in understandable terms. Of making them fit for the digital future?

Read more
E-laboratories – charged for a full life cycle

16.07.2020 |

The battery in a modern electric car is what the tank is for a car with a combustion engine. Both determine the range of the vehicle, although the range of an electric vehicle still comes nowhere near that of a conventional powertrain. To increase the capacity of the energy storage systems and create greater range, OEMs are therefore constantly working on the further development of electric batteries. This calls for important findings and results which are identified by the experts at EDAG Engineering GmbH in their accredited test laboratories.

Read more

人材採用

私達と一緒に目的を追求し、 一緒に達成しましょう。

あなたと一緒に私達は明日の課題を解決し、未来のモビリティを創造します

 新しいテクノロジー、モビリティの概念、人工知能(AI)、カーシェアリング、スマートファクトリーなどの新たなスタンダードが登場したことによって、私たちの業界に非常に多くのチャンスがもたらされています。私たち一人一人には天から与えられた才能があります。

 あなたに必要なツールと最適な働き方、未来志向の継続的なトレーニングオプションに加え、キャリアプログラムを活用して、あなたの潜在能力を最大限に引き出すお手伝いをします。しかし、何よりも、私達には安全で信頼できる職場環境における感謝、尊敬、認識の文化があります

あなたが私達の活動に参加して、最高のパフォーマンスを発揮し、あなたのキャリア目標達成することは我々に世界の自動車産業のリーディングエンジニアリングサービスプロバイダーであり続ける未来を与えてくれます。

我々は、是非、あなたと一緒に同じ目的を達成したいと思っています。

現在、採用計画はありません。

問い合わせ

直接のお問い合わせ先

代表取締役

山岡 仁

p 045-320-2670 f 045-620-8455

所在地

EDAG Japan 株式会社

〒220-0022
横浜市西区花咲町6-145 横浜花咲ビル8F

EDAG Japan Co., Ltd.

6-chōme-145 Hanasakichō, Nishi-ku, Yokohama, Kanagawa 220-0022, Japan

地図に表示

Edag Weltweit