プライバシーに関する声明

プライバシーに関する声明

私たちのウェブサイトにお越しいただき、ありがとうございます。私たちの会社へのご興味に感謝します。 

このプライバシーに関する声明では、EDAG JAPAN株式会社が一般データ保護規則(GDPR)に従って、お客様の個人データとデータ主体としての権利を処理する方法について説明しています。 

個人データの処理についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。 当社の連絡先情報は、以下のセクションIに記載されています。 

I. データ管理者の名前と連絡先情報

EDAG JAPAN株式会社 

郵便番号220-0022 

神奈川県横浜市西区花咲町6-145 

横浜花咲ビル8F 

Tel.:  045-320-2670 
Fax:   045-620-8455 
E-Mail: hitoshi.yamaoka[at]edag.co.jp 
Website: www.edag.co.jp 

担当者:代表取締役 山岡 仁 

II. 一般的なデータ処理情報

  1. 個人データが処理される範囲
    ユーザーの個人データは、完全に機能するウェブサイトとコンテンツおよびサービスを提供するために必要な範囲でのみ収集して使用します。 ユーザーの個人データの定期的な収集と使用は、ユーザーの同意を得た場合にのみ行われます。 このルールの例外の1つは、事実上の理由でユーザーの事前の同意を得ることができない場合、または該当するデータ保護法に従って、他の法的根拠に基づいてこのデータの処理が許可されている場合に適用されます。 
     

  2. 個人データの処理に関する法的根拠
    私たちが個人データを処理するためにデータ主体の同意を得る限り、 EU一般データ保護規則(GDPR)第6条第1項(a)および該当するデータ保護法に基づく類似の条項は、個人データを処理するための法的根拠となります。

    GDPRの第6条第1項 (b)および該当するデータ保護法に基づく類似の規定は、データ主体が関係する契約の履行に必要な個人データの取り扱いのための法的根拠となるものとします。 これは、契約前措置の実施に必要な処理にも適用されます。 

    当社が対象とする法的義務を遵守するために個人データの処理が必要である限り、GDPRの第6条第1項 (c)および該当するデータ保護法に基づく類似の規定が法的根拠となります。 

    データ主体または別の自然人の重要な利益を保護するために個人データを処理する必要がある場合、GDPRの第6条第1項(d)および該当するデータ保護法に基づく類似の規定が法的根拠となります。 

    当社または第三者の正当な利益を保護するために取り扱いが必要であり、そのような利益がデータ主体の利益並びに基本的権利および自由により優先されない場合、GDPRの第6条第1項(f)および該当するデータ保護法に基づく類似の規定は、処理の法的根拠となるものとします。 
     

  3. データの消去と保存期間
    データ主体の個人データは、保存された目的が適用されなくなるとすぐに削除されます。また、データ管理者が対象とする欧州連合の指令、法律、またはその他の規制で欧州または国の立法者によって提供された場合、データは保存される場合があります。さらに、契約の締結または履行のためにデータを保存する必要がない限り、指定された基準で定められた保存期間が満了した時点で削除されます。 
     

  4. 個人データを提供するための要件 
    多くの場合、データ主体による個人データの提供は、契約上の義務を果たすために必要です。 そのようなデータを提供しないと、契約上の義務を履行できなくなる可能性があります。 

III. ウェブサイトの提供とログファイルの作成

  1. データ処理の説明と範囲

    当社のウェブサイトにアクセスするたびに、システムは自動的に呼び出し側のコンピューターシステムからデータと情報を取得します。 

    次のデータを集めます。: 

    (1)ユーザーIDアドレス 
    (2)アクセス日時 
    (3)訪問したウェブサイト 
    (4)送信したデータ量 
    (5)ウェブサイトのアクセス元/リンク元 
    (6)使用ブラウザ 
    (7)使用OS 

    データは、システムのログファイルにも保存されます。 このデータは、ユーザーの他の個人データと一緒に保存されません。
     

  2. データ処理の法的根拠
    GDPRの第6条第1項(f)および該当するデータ保護法に基づく類似の規定は、データおよびログファイルの一時的な保管の法的根拠です。 
     

  3. データ処理の目的 

    ユーザーのコンピュータにウェブサイトを配信できるようにするには、システムによるIPアドレスの一時的な保存が必要です。 このため、セッションの間、ユーザーのIPアドレスを保存する必要があります。 取得したデータは、統計分析やウェブサイトの改善に使用されます。ユーザーの個人データ(IPアドレス)は最初に匿名化されます。 

    データはログファイルに保存され、Webサイトが適切に機能するようにします。 さらに、データはウェブサイトを最適化し、ITシステムのセキュリティを保証するのに役立ちます。 この過程でマーケティング目的のデータ評価は行われません。 

    これらの目的は、GDPRの第6条第1項(f)および該当するデータ保護法に類似の規定に基づくデータ処理における正当な利益にもなります。 

     
  4. 保存期間 

    データは、収集された目的で不要になるとすぐに削除されます。 ウェブサイトを利用可能にするためにデータが収集されている場合、セッションが終了するとデータは削除されます。 

    ログファイルに保存されているデータの場合、7日間を超えるデータの保管が可能です。この場合、ユーザーのIPアドレスは削除または歪められるため、アクセスしているクライアントに帰属することはできません。
     

  5. 異議を申し立てる権利および排除の権利
    ウェブサイトの提供にはデータの取得が不可欠であり、ウェブサイトの運営にはログファイルへのデータの保存が不可欠です。 したがって、ユーザーは異議を申し立てる権利はありません。 

IV. クッキーの使用

  1. データ処理の説明と範囲

    私たちのウェブサイトはクッキーを利用しています。 Cookieは、ユーザーのコンピュータシステムに保存されているか、またはインターネットブラウザによって保存されているテキストファイルです。 ユーザーがWebサイトにアクセスすると、Cookieがユーザーのオペレーティングシステムに保存されます。 このCookieには、次にWebサイトにアクセスしたときにブラウザを明確に識別できるようにする特徴的な文字列が含まれています。 

    私達は私達のウェブサイトをよりユーザーフレンドリーにするためにクッキーを使用しています。 当社のウェブサイトの一部の要素では、ユーザーがあるページから別のページに変更した場合、アクセスするブラウザを識別する必要があります。 
    次のデータはCookieに保存および送信されます。: 

    (1)ユーザーIPアドレス 
    (2)アクセス日時 
    (3)ログイン情報 
    (4)送信したデータ量 
    (5)参照ドメイン 

    私たちのウェブサイトでは、ユーザーのサーフィンの癖を分析できるようにするクッキーも使用しています。 

    この方法で、次のデータが送信されます。: 

    (1)機器タイプ、モデル、ブランド、画面解像度 
    (2)オペレーティングシステム、バージョン、ファミリー 
    (3)ブラウザ、バージョン、構成、エンジン、プラグイン、言語、言語コード 
    (4)位置データ 
    (5)プロバイダーの詳細 
    (6)訪問あたりのページ数、訪問回数、再訪問、訪問時間、訪問日 
    (7)入口ページ、出口ページ、ページURL、ページのタイトル、検索項目、ダウンロード 
    (8)検索マシン、検索アイテム、ウェブサイト、ソーシャルネットワーク 
    (9)キャンペーン、キャンペーンキーワード

     当社のウェブサイトにアクセスすると、ユーザーはCookieが分析の目的で使用されることを通知され、この点で使用される
    個人データの処理に同意するように要求されます。 このデータのプライバシーに関する声明に関する情報も、この過程で発信されます。 
     

  2. データ処理の法的根拠 
    技術的に必要なCookieを使用した個人データの処理の法的根拠はGDPRの第6条第1項(f)です。 

    分析目的でCookieを使用して個人データを処理するための法的根拠は、この目的に対するユーザーの同意が得られている場合、GDPRの第6条第1項(a)および該当するデータ保護法に基づく類似の条項です。
     

  3. データ処理の目的
    技術的に必要なCookieを使用する目的は、ユーザーがWebサイトを簡単に使用できるようにすることです。 当社のウェブサイト機能の一部は、Cookieを使用しないと提供できません。 これらのために、あるページから別のページに変更した後に、ブラウザが認識される必要があります。 

    技術的に必要なCookieによって収集されたユーザーデータは、ユーザープロファイルの作成に使用されません。 

    分析クッキーは、当社のウェブサイトおよびそのコンテンツの品質を向上させる目的で使用されます。 分析Cookieを通じて、Webサイトがどのように使用されているかがわかります。これにより、サービスを継続的に改善できます。 これにより、サイトに再度アクセスしたときに、最適なユーザーガイダンスを提供し、新しいコンテンツとともに、可能な限り多様なWebサイトを提示することができます。 

    さらに、これらの目的は、GDPRの第6条第1項(f)に基づく個人データの処理における我々の正当な利益になります。  
     

  4. 保管期間、異議を申し立てる権利および削除の権利

    クッキーはユーザーのコンピューターに保存され、そこから当社のウェブサイトに送信されます。 したがって、ユーザーはCookieの使用を完全に制御できます。 

    Cookieをブロックする方法の詳細については、https://support.google.com/chrome/answer/95647?co=GENIE.Platform%3DDesktop&hl=ja を参照してください。 

    インターネットブラウザの設定を変更することで、Cookieの送信を無効化または制限できます。 すでに保存されているCookieはいつでも削除できます。 これは自動的に行うこともできます。 当ウェブサイトのCookieが無効になっている場合、一部のウェブサイト機能が利用できなくなっている可能性があります。 

    これに対応する手順は、各ブラウザのヘルプページにあります。 

    Chrome: https://support.google.com/chrome/answer/95647?hl=ja
    Internet Explorer: https://support.microsoft.com/ja-jp/help/17442/windows-internet-explorer-delete-manage-cookies
    Firefox: support.mozilla.org/ja/kb/enhanced-tracking-protection-firefox-desktop 
    Safari: support.apple.com/ja-jp/guide/safari/sfri11471/mac
    Safari auf IOS: support.apple.com/ja-jp/HT201265
    Opera: https://help.opera.com/en/latest/web-preferences/

V. 電子メールでの求人応募

  1. データ処理の説明と範囲
    お申し込みはメールで受け付けます。 当社は、氏名、電話番号、住所、電子メールアドレス、生年月日などを含む(ただしこれらに限定されない)求人応募を通じて提供された個人データを取り扱います。あらかじめ書面による同意なしに第三者にデータを開示することはありません。 
     

  2. データ処理の法的根拠
    ユーザーの同意を得た場合のデータ処理の法的根拠はGDPRの第6条第1項(a)です。このような個人データ処理は、GDPRの第6条第1項(f)に従って、私たちの効果的かつ正確な採用手順の正当な利益に基づいています。 
     

  3. データ処理の目的 
    個人データを取り扱う唯一の理由は、求人応募を処理できるようにするためです。 
     

  4. 保存期間
    データは、収集された目的で不要になるとすぐに削除されます。 求人応募の手続き中に収集されたデータの場合、求人応募プロセスが終了した場合がこれに該当します。
     

  5. 異議を申し立てる権利および削除の権利
    応募者は、情報の削除を希望される場合はいつでもご連絡いただけます。 

VI. 電子メールでのコンタクト

  1. データ処理の説明と範囲

    電子メールアドレスは、当社との連絡を確立するために提供されます。 この場合、メールで送信された利用者の個人情報が保存されます。 

    この過程で、第三者へのデータの開示はありません。 このようなデータは、通信の処理にのみ使用されます。
     

  2. データ処理の法的根拠
    電子メールの送信時に収集されたデータの処理に関する法的根拠は、電子メールへの回答と管理への私たちの正当な利益のためのGDPRの第6条第1項(f)です。電子メールの連絡先が契約を結ぶためである場合、GDPRの第6条第1項(b)は、処理のための追加の法的根拠として機能します。 
     

  3. データ処理の目的  
    個人データを取り扱う唯一の理由は、電子メールによる問い合わせに対応できるようにすることです。これにより、データの処理に対する正当な利益も確立されます。 
     

  4. 保存期間
    データは、収集された目的で不要になるとすぐに削除されます。 電子メールで送信される個人データの場合、これはユーザーとの特定のコミュニケーションが終了した場合です。 コミュニケーションは、問題が完全に解決されたという状況を示したときに終了します。 
     
  5. 異議を申し立てる権利および削除の権利

    ユーザーが電子メールで私たちに連絡した場合、ユーザーはいつでも自分の個人データの保管に反対することができます。 この場合、その後はコミュニケーションを継続できなくなります。 

    この場合、連絡の結果として収集された個人データはすべて消去されます。

VII. ソーシャルメディアでのオンラインプレゼンス 

私たちは、ソーシャルネットワーク内でオンラインプレゼンスを維持し、そこで活動している顧客、利害関係者、およびユーザーと通信し、当社のサービスについて通知します。 この過程では、単純なリンクのみ、またはページのロード時に当該ネットワークへの接続を確立しないソーシャルメディアプラグインのみが使用されます。 これは、ここで使用されるソーシャルメディアプラグインと、ボタンがクリックされることなく、ページがロードされるとすぐにソーシャルネットワークにデータを送信するような、広く普及しているLikeボタンとの違いです。 データの処理に関する追加情報は、次のソーシャルメディアデータのプライバシーに関する声明に記載されています。

VIII. ウェブの追跡

  1. 個人データが処理される対象の説明と範囲

    このウェブサイトは、Google Inc.(以下「Google」)のウェブ分析サービスであるGoogle Analyticsを使用しています。 使用には、ユニバーサルアナリティクスの操作モードが含まれます。 これにより、複数のデバイスにまたがるデータ、セッション、およびインタラクションを偽名化されたユーザーIDに割り当てることが可能になり、ユーザーのアクティビティのクロスデバイス分析が可能になります。 

    Google Analyticsは、コンピューターに保存されているCookieを使用して、Webサイトの使用を分析できるようにします。 原則として、Cookieによって生成されたこのWebサイトの使用に関する情報は、米国のGoogleサーバーに転送され、保存されます。 このWebサイトでIPアドレスの匿名化が有効になっている場合、Googleは、欧州連合の加盟国または欧州経済領域に関する協定の他の締約国内でIPアドレスを切り捨てます。 このWebサイトの所有者に代わって、Googleはこの情報を使用して、Webサイトの使用状況を評価し、Webサイトのアクティビティに関するレポートをまとめ、Webサイトおよびインターネットの使用に関連するサービスをWebサイトの所有者に提供します。 

    これを行うために、お客様に関する次のデータが処理されます。: 
    (1)ユーザーIPアドレス 
    (2)アクセス日時 
    (3)ログイン情報 
    (4)送信したデータ量 
    (5)参照ドメイン 
    (6)機器タイプ、モデル、ブランド、画面解像度 
    (7)オペレーティングシステム、バージョン、ファミリー 
    (8)ブラウザ、バージョン、構成、エンジン、プラグイン、言語、言語コード 
    (9)位置データ 
    (10)プロバイダーの詳細 
    (11)訪問あたりのページ数、訪問回数、再訪問、訪問時間、訪問日 
    (12)入口ページ、出口ページ、ページURL、ページのタイトル、検索項目、ダウンロード 
    (13)検索エンジン、検索アイテム、ウェブサイト、ソーシャルネットワーク 
    (14)キャンペーン、キャンペーンキーワード 

    Google Analyticsを介してブラウザから送信されたIPアドレスは、Googleにより他のデータと結合されません。
     

  2. 個人データの処理に関する法的根拠
    Google Analyticsの使用に関する法的根拠はGDPRの第6条第1項(a)および該当するデータ保護法に基づく類似の条項です。 
     

  3. データ処理の目的
    ウェブ解析サービスの使用の背後にある目的は、当社のウェブサイトの使用を分析し、定期的に改善することです。 取得した統計により、サービスを改善し、ユーザーにとってより興味深いものにすることができます。 個人データが米国に転送される例外的なケースでは、GoogleはEU-USプライバシーシールド

    https://www.privacyshield.gov/EU-US-FrameworkまたはCH-USプライバシーシールド
    https://www.privacyshield.gov/welcomeに送信します。 
    これらの目的は、GDPRの第6条第1項(f)および該当するデータ保護法に基づく類似の規定に基づくデータ処理における正当な利益になります。  
     
  4. 保管期間、異議を申し立てる権利および削除の権利 

    Googleにより送信されるCookie、ユーザー認証(ユーザーIDなど)、または広告IDにリンクされたデータは、14か月後に自動的に削除されます。 Googleによると、保存期間が終了したデータは、月に一度自動的に削除されます。 我々がGoogleがデータを保存する期間に影響を与えることはありません。 

    ブラウザソフトウェアを適切に調整することで、Cookieが保存されないようにすることができます。 ただし、その場合、本ウェブサイトで提供しているすべての機能を十分にご利用いただけなくなる可能性がありますので、あらかじめご了承ください。 さらに、次のリンクで利用可能なブラウザプラグインをダウンロードしてインストールすることにより、Googleに対して、CookieとWebサイトの使用(IPアドレスを含む)に関連して生成されたデータの取得と、Googleによるこのデータの処理を防止することができます。:https://tools.google.com/dlpage/gaoptout?hl=ja 

    オプトアウトCookieは、このWebサイトにアクセスしたときに、将来のデータの取得を防ぎます。 Universal Analyticsによる複数のデバイス間の取得を防ぐには、使用中のすべてのシステムのオプトアウトをアクティブにする必要があります。 オプトアウトCookieを設定するには、次をクリックしてください。:https://tools.google.com/dlpage/gaoptout?hl=ja

    このウェブサイトは、「anonymizeIp()」関数でGoogleアナリティクスを使用しています。 これにより、IPアドレスが切り捨てられた形式で処理され、特定のユーザーまでIPアドレスを追跡することが不可能になります。 収集されたお客様に関するデータが直接の個人リンクを生成した場合、これはすぐにブロックされ、個人データは即座に削除されます。

    サードパーティプロバイダーに関する情報 
    Google Dublin, Google Ireland Ltd., Gordon House, Barrow Street, Dublin 4, Ireland, Fax: +353 (1) 436 1001. 

    使用条件は以下にあります。: 
    marketingplatform.google.com/about/analytics/terms/jp/.  

    データプライバシーの概要は、次の場所にあります。: 
     https://policies.google.com/?hl=ja ,  

    そして、データプライバシーに関する声明は下記の場所にあります。: 
    https://policies.google.com/privacy?hl=ja

    この目的のために、Googleとのデータ処理契約も締結しています。

  5. Googleタグマネージャーの使用
     我々はGoogleタグマネージャーを使用しています。 Googleタグマネージャーは、マーケティング担当者が1つのインターフェースでウェブサイトのタグを管理できるようにするソリューションです。 タグを実装するツールタグマネージャー自体はCookieのないドメインであり、個人データを収集しません。 このツールは、特定の状況下でデータを収集する可能性がある他のタグをトリガーします。 Googleタグマネージャーはこのデータにアクセスしません。 ドメインまたはCookieレベルで非アクティブ化が行われた場合、Googleタグマネージャーで実装されたすべてのトラッキングタグに対して非アクティブ化が維持されます。 詳細については、こちらをご覧ください:https://marketingplatform.google.com/intl/ja/about/analytics/tag-manager/use-policy/

    Googleタグマネージャーによるデータ収集から除外するには、次をクリックしてください。 
     

現在、このページのトラッキングは

IX. Googleマップの統合

  1. データ処理の説明と範囲 

    このウェブサイトではGoogleマップサービスを使用しています。 これにより、双方向に作用する地図をウェブサイトに直接表示できるため、地図機能を簡単
    かつ便利に使用できます。 

    ウェブサイトにアクセスすると、Googleは、ウェブサイトの対応するサブページをアクティブ化したという情報を受け取ります。 さらに、次のデータが送信されます。 

    (1)アクセスしているコンピューターのIPアドレス 
    (2)お問い合わせ日時 

    これは、Googleがログオンに使用したユーザーアカウントを提供したかどうかに関係なく発生します。 Googleにログオンしている場合、データはお客様のアカウントに直接割り当てられます。 データをGoogleのプロフィールに割り当てたくない場合は、リンクをクリックする前にログアウトする必要があります。

    さらに、ユーザーが行った設定によっては、Googleが位置データを収集することさえ可能です。 ただし、そのようなデータが使用されていることに対しては、ユーザーの同意が常に必要であり、クエリへのお客様の応答でこれをGoogleに許可しないようにすることができます。 

    プラグインプロバイダーによるデータ取得とその処理の目的と範囲に関する詳細情報は、プロバイダーのデータプライバシーに関する声明に記載されています。ここには、この点に関するお客様の権利と、プライベート領域を保護するためのオプションの設定に関する追加情報も記載されています。 

    https://policies.google.com/privacy?hl=ja. 

    Googleはさらに米国でユーザーの個人データを処理し、EU-USプライバシーシールドに送信します。 

    https://www.privacyshield.gov/welcome 
     

  2. データ処理の法的根拠 
    処理の法的根拠はGDPRの第6条第1項(f)および該当するデータ保護法に基づく類似の規定です。 
     

  3. データ処理の目的
    Googleはデータを使用状況プロファイルとして保存し、広告や市場調査の目的で使用したり、ウェブサイトのニーズに基づいた設計を行ったりします。 このタイプの分析は(特にログオンしていないユーザーに対しても)実行され、特にニーズに基づいた広告を提供し、ソーシャルネットワークを使用する他の人々に我々のWebサイトでのアクティビティを通知します。 
     

  4. 保存期間 
    我々は収集されたデータとデータ処理操作には影響を与えません。また、データ収集の全範囲、データが処理される目的、または保管期間もわかりません。 同様に、収集されたデータのGoogleによる削除に関する情報もありません。 
     

  5. 異議を申し立てる権利および削除の権利
    Googleの既存のプロファイルにデータが割り当てられないようにするには、リンクをアクティブにする前にログアウトしてください。 お客様はこれらのユーザープロフィールの作成に反対する権利があり、この権利を行使するには、Googleに連絡する必要があります。 

X. Google ウェブフォントの使用  

  1. データ処理の説明と範囲 

    Googleが提供するウェブフォントを使用して、フォントタイプが一貫した表示がされるようにします。 ページを呼び出すと、ブラウザは必要なウェブフォントをブラウザのキャッシュにロードして、テキストとフォントが正しく表示されるようにします。 ブラウザがWebフォントをサポートしていない場合は、コンピュータのデフォルトのフォントが使用されます。 

    ページを呼び出すときにCookieは設定されません。 ページビューに関連して送信されるデータは、fonts.googleapis.comやfonts.gstatic.comなどのリソース固有のドメインに送信されます。 Gmailなどの認証されたGoogleサービスの並行使用に関連して収集または使用される可能性のあるデータとは連絡を取りません。 
     

  2. データ処理の法的根拠 

    処理の法的根拠はGDPRの第6条第1項(f)および該当するデータ保護法に基づく類似の規定です。
     

  3. データ処理の目的
    Google Fontsは、800以上のフォントを無料で利用できるライブラリです。 Google Fontsを使用すると、すべてのデバイスで魅力的なデザインと同じ品質でWebサイトをユーザーに提示できます。 これは、当社のホームページへのすべての訪問者が一貫して快適なユーザーエクスペリエンスを技術的に可能にする唯一の方法です。 この目的は、GDPRの第6条第1項(f)に基づく個人データの処理における我々の正当な利益にもなります。
     

  4. 保管期間、異議を申し立てる権利および削除の権利 
    我々は収集されたデータとデータ処理操作には影響を与えません。また、データ収集の全範囲、データが処理される目的、または保管期間もわかりません。 同様に、収集されたデータのGoogleによる削除に関する情報もありません。 

    Google ウェブフォントの詳細については、https://developers.google.com/fonts/faq およびGoogleのデータプライバシーに関する声明を参照してください。:https://policies.google.com/privacy?hl=ja

XI. YouTubeビデオの統合(プラグイン経由)

  1. データ処理の説明と範囲

    YouTubeビデオをオンラインサービスに統合しました。 これらはhttp://www.YouTube.comに保存され、当社のWebサイトから直接再生できます。 これらはすべて「拡張プライバシーモード」に埋め込まれています。つまり、ユーザーが動画を再生しない限り、ユーザーに関するデータはYouTubeに転送されません。 下記のデータは、動画を再生するまで送信されません。 我々はこのデータ送信に影響しません。 

    ウェブサイトにアクセスすると、YouTubeは、ウェブサイトの対応するサブページをアクティブ化したという情報を受け取ります。 さらに、次のデータが送信されます。 

    (1)ユーザーのIPアドレス 
    (2)アクセス日時 
    (3)ログイン情報 
    (4)転送されたデータの量 
    (5)問い合わせドメイン 
    (6)機器タイプ、モデル、ブランド、画面解像度 
    (7)オペレーティングシステム、バージョン、ファミリー 
    (8)ブラウザ、バージョン、構成、エンジン、プラグイン、言語、言語コード 
    (9)位置データ 
    (10)プロバイダーの詳細 

    これは、ログオンに使用したユーザーアカウントがYouTubeから提供されているかどうかに関係なく発生します。 Googleにログオンしている場合、データはアカウントに直接割り当てられます。
     

  2. データ処理の法的根拠 
    処理の法的根拠はGDPRの第6条第1項(f)です。 
     

  3. データ処理の目的 
    YouTubeはデータを使用状況プロファイルとして保存し、広告や市場調査の目的で使用したり、ウェブサイトのニーズに基づいた設計を行ったりします。 このタイプの分析は(特にログオンしていないユーザーに対しても)実行され、特にニーズに基づいた広告を提供し、ソーシャルネットワークを使用する他の人々に我々のWebサイトでのお客様のアクティビティを通知します。 
     

  4. 保管期間、異議申し立ての権利および削除の権利
    YouTubeでお客様のプロフィールにデータを割り当てたくない場合は、ボタンをアクティブにする前にログアウトする必要があります。 お客様は、これらのユーザープロフィールの作成に反対する権利があり、この権利を行使するにはお客様はYouTubeに連絡する必要があります。 

    データ取得の目的と範囲、およびYouTubeによるデータ処理の詳細については、データプライバシーに関する声明をご覧ください。 ここには、お客様の権利とプライベート領域を保護するオプションの設定に関する追加情報があります。:https://policies.google.com/privacy?hl=ja Googleは米国でも個人データを処理し、EU-USプライバシーシールドに送信します。:https://www.privacyshield.gov/EU-US-Framework.

XII. 電子カード(eCard)

  1. データ処理の説明と範囲

    我々は電子的な手段を使用して、招待状やグリーティングカードを送信します。 

    次のデータは、当社の顧客/サプライヤーシステムに保存され、使用されます。 

    (1)    性別 
    (2)    名字 
    (3)    電子メールアドレス 

    さらに、次のデータが使用される場合があります(利用可能な場合)。 

    (4)    肩書き 
    (5)    お名前(ファーストネーム) 
    (6)    会社名 
    (7)    グループ 
    (8)    チケット/コード

    メッセージが送信されるときに、このデータプライバシーに関する声明が参照されます。 

    または、この方法でお問い合わせいただく場合は、電子メールアドレスが提供されます。 この場合、メールで送信された利用者の個人情報が保存されます。 

    個人データは、EDAGグループ内の国内および海外の関連会社にのみ開示されます。 このようなデータは、通信の処理にのみ使用されます。
     

  2. データ処理の法的根拠 
    GDPRの第6条第1項(f)および該当するデータ保護法に基づく類似の規定は、データおよびログファイルの一時的な保管の法的根拠です。 

    GDPRの第6条第1項(f)および該当するデータ保護法に基づく類似の規定は、電子メールの送信時に収集されたデータの取り扱いに関する法的根拠です。 

    電子メールの連絡先が契約を結ぶ目的である場合、GDPRの第6条第1項(b)と、該当するデータ保護法に基づく類似の条項は、処理のための追加の法的根拠となるものとします。
     

  3. データ処理の目的 
    個人データを処理する唯一の理由は、お客様との通信を処理できるようにするためです。 連絡が電子メールで確立された場合、これはデータの処理における正当な利益も確立します。 
     

  4. 保存期間
    データは、収集された目的で不要になるとすぐに削除されます。 電子メールで送信される個人データの場合、これはユーザーとの特定の通信が終了した場合です。コミュニケーションは、問題が完全に解決されたという状況を示したときに終了します。 

    メッセージの送信中に収集された追加の個人データは、7日以内に削除されます。 
     

  5. 異議を申し立てる権利および排除の権利
    ユーザーは、個人データの処理に対する同意をいつでも取り消す権利を有します。 ユーザーが電子メールで私たちに連絡した場合、ユーザーはいつでも自分の個人データの保管に反対することができます。 この場合、その後はコミュニケーションを継続できなくなります。 

    この場合、連絡の結果として収集された個人データはすべて消去されます。 

XIII. データ主体の権利

お客様に関する個人データが処理される場合、お客様はGDPRや該当するデータ保護法に基づく類似の条項で定義されているデータ主体であり、データ管理者に対して以下の権利を有します。

  1. 情報に対する権利 

    お客様に関係する個人データが当社によって処理されるかどうかについて、確認を提供するように管理者に依頼することができます。 

    このような処理が行われている場合は、お客様は、管理者に以下に関する情報を提供するように依頼できます。: 

    (1)個人データが処理される目的; 
    (2)処理される個人データのカテゴリ; 
    (3)お客様に関する個人データが開示された、またはこれから開示される受信者または受信者のカテゴリ; 
    (4)お客様に関する個人データの保管期間の計画、またはこの点について具体的な情報を提供できない場合は、保管期間を定義するための基準; 
    (5) お客様に関する個人データを修正または削除する権利、管理者による処理を制限する権利、またはそのような処理に異議を述べる権利の存在; 
    (6) 監督当局に苦情を申し立てる権利の存在; 
    (7) 個人データがデータ主体から取得されなかった場合の、データの出所に関する入手可能なすべての情報; 
    (8) GDPRの第22条第1項および4項に基づく自動化された意思決定とプロファイリングの存在、および少なくともこれらの場合、含まれるロジックに関する意味

    のある情報と、データ主体に対するそのような処理の影響と意図される影響。 

    お客様には、お客様に関する個人データが第三国または国際機関に送信されるかどうかに関する情報を要求する権利があります。 この過程では、GDPRの第46条およびデータの送信に関連する該当するデータ保護法に基づく類似の規定に従って適切な保証に関する情報を求めることができます。 
     

  2. 修正する権利
    お客様は、お客様に関する処理された後の不正確または不完全な個人データを修正または完全なものにする権利があります。データ管理者は、過度の遅延なしに修正を実行する必要があります。 
     

  3. 処理を制限する権利
    次のことを条件として、お客様は、お客様の個人データの処理を制限するよう要求することができます。: 


    (1)管理者が個人データの正確性を確認できる期間に、お客様に関する個人データの正確性に異議を唱える場合、 
    (2)処理は違法であり、かつ、個人データの削除を拒否し、代わりに個人データの使用を制限するよう要求する場合、 
    (3)管理者は処理目的で個人データを必要としなくなったが、お客様は法的要求を確立、行使、または防御するために必要である場合、または、 
    (4)GDPRの第21条第1項および該当するデータ保護法に基づく類似の規定に従って、データの処理に異議を申し立てた場合、管理者の正当な理由がお客様の理由を上回るかどうかはまだ明確ではない場合、 

    お客様に関する個人データの処理が制限されている場合、保管を別にして、このデータはお客様の同意を得て(通常、法的に要求される)、または法的請求を確立、行使、または弁護するため、または 別の自然人または法人、あるいはEU法または加盟国の法律に基づく相当な公共の利益のためにのみ処理される場合、 

    上記の条件で処理の制限がされている場合は、制限が解除される前に管理者から通知されます。 
     

  4. 削除する権利
     
    a) 削除の義務

    管理者にお客様に関する個人データを遅滞なく削除するよう依頼することができ、以下のいずれかの理由が当てはまる場合、管理者は遅滞なくこのデータを削除する義務があります。: 

    (1) お客様に関する個人データが、収集またはその他の目的で既に使用する必要がない。 
    (2)  GDPRの第6条第1項(a)または第9条第2項(a)に従って処理するための根拠となった同意を取り消す。および処理のためのその他の法的根拠がない。 
    (3) お客様がGDPRの第21条第1項に従って処理に異議を申し立てる場合、 そして、処理の正当な理由がない場合、またはGDPRの第21条第2項および該当するデータ保護法に基づく類似の規定に従って処理に異議を申し立てる場合。 
    (4) お客様に関する個人データが違法に処理された。 
    (5) データ管理者が対象とするEU法または加盟国の国内法に基づく法的義務を確実に遵守するために、お客様に関する個人データを削除する必要がある。 
    (6)  GDPRの第8条第1項および該当するデータ保護法に基づく類似の規定に基づく情報化社会サービスの提供に関連して、お客様に関する個人データが取得されている。 

    b)  第三者への情報 
    管理者がお客様に関する個人データを公開し、GDPRの第17条第1項に従ってそのようなデータを削除する義務がある場合、その場合は、利用可能なテクノロジーと実装コストを考慮して、管理者は適切な手段を適用します。これも技術的な性質を持っている可能性があり、データ主体としてのお客様が要求された個人データへのすべてのリンクと、この個人データのすべてのコピーまたは複製を削除するように担当者に通知します。 

    c) 例外 
    データ主体は、以下の処理が必要な場合に個人データを削除する権利を有しません。
     
    (1) 表現の自由および情報の自由に対する権利を行使するため; 
    (2) 管理者が従うEU法または加盟国の法律に基づいて処理を要求する法的義務を遵守すること、または公共の利益または管理者に帰属する公的権限の行使において課された仕事を実行するため; 
    (3)  GDPRの第9条第2項(h)及び(i)、そしてGDPRの第9条第3項に従う公衆衛生の分野における公益の理由のため; 
    (4) GDPRの第89条第1項、そして、セクションa)に記載されている権利がこの処理の目的の達成を不可能または深刻に損なう可能性がある場合に限り、該当するデータ保護法に基づく類似の規定に従い、公共の利益における保管の目的、科学調査若しくは歴史調査の目的又は統計の目的のため、または、 
    (5) 法的要求を確立、行使、または防御するため。 
     

  5. 情報に対する権利

    管理者にデータの処理を修正、削除、または制限する権利を行使した場合、管理者は、お客様に関する個人データが開示されたすべての受信者に、データまたは制限の修正または削除について通知する義務があります。 処理が不可能であることが判明した場合、または不当な費用と労力がかかる場合を除きます。 

    お客様は、これらの受信者を知る権利があります。 
     

  6. データポータビリティの権利 
    お客様は、構造化され、一般的に使用され、機械可読な形式で、管理者に提供したお客様に関する個人データを受け取る権利を有します。 さらに、お客様は、個人データが提供された管理者からの妨害を受けることなく、このデータを別の管理者に移行する権利を有します。 

    (1)    その処理はGDPRの第6条第1項(a)またはGDPRの第9条第2項(a)に従って、またはGDPRの第6条第1項(b)および適用されるデータ保護法に基づく類似の条項に従った契約上の同意に基づいています。そして、 
    (2)    その処理は自動化された手段で実行されます。 

    この権利を行使することで、お客様はさらに技術的に可能であれば、お客様に関する個人データをある管理者から別の管理者に直接移行する権利を持ちます。 これは他者の権利と自由に悪影響を与えてはならなりません。 

    データポータビリティに対する権利は、公共の利益のために、または管理者に与えられた公的機関の権限の行使によって実行される仕事のための個人データの処理には適用されません。 
     

  7. 異議を申し立てる権利
    お客様には、お客様の特定の状況に関連して、GDPRの第6条第1項(e)または(f)および該当するデータ保護法に基づく類似の規定に基づくお客様に関する個人データの取り扱いにいつでも異議を申し立てる権利があります。これは、これらの規定に基づくプロファイリングにも適用されます。

    管理者がお客様の利益、権利、自由を無効にする処理について説得力のある正当な根拠を示すことができない場合、または処理が法的請求の確立、行使、または弁護に役立つ場合を除き、管理者はお客様に関する個人データを処理しなくなります。

    お客様に関する個人データがダイレクトマーケティングの目的で処理される場合、お客様は、そのようなマーケティング目的(これは、そのようなダイレク

    トマーケティングに関連する限り、プロファイリングにも適用されます。)でのお客様に関する個人データの処理にいつでも反対する権利を有します。 

    ダイレクトマーケティングの目的での処理に異議を唱えた場合、お客様に関する個人データはそのような目的で取り扱われなくなります。

    情報社会サービスの使用に関しては、指令2002/58 / EGおよび該当するデータ保護法に基づく類似の規定にかかわらず、技術仕様を使用して自動化された手段により異議を申し立てる権利を行使することができます。
     

  8. データ保護法に基づく同意宣言を撤回する権利
    お客様はいつでも個人データの取り扱いへの同意宣言を撤回する権利を有します。 同意の撤回は、撤回前のお客様の同意に基づく取り扱いの合法性に影響を与えないものとします。
     

  9. プロファイリングを含む個人に対する自動化された意思決定 

    お客様は、プロファイリングを含み、もっぱら自動化された処理に基づいた決定の対象とされない権利を有します。 

    これは、その決定が次の場合には適用されません。 

    (1)    お客様とデータ管理者との間の契約の締結または履行に必要である場合、 
    (2)    管理者がそれに服し、かつ、お客様の権利と自由および正当な利益を保護するための適切な措置も定めるEU法または加盟国の国内法により認められる場合、または、 
    (3)    お客様の明示的な同意に基づく場合、 

    ただし、これらの決定は、GDPRの第9条第2項(a)または(g)および該当するデータ保護法に基づく類似の規定が適用され、お客様の権利と自由および正当な利益を保護するために適切な措置が講じられていない限り、GDPRの第9条第1項および該当するデータ保護法に基づく類似の条項に規定する特別な種類の個人データに基づくものであってはなりません。  

    (1)および(3)で説明されているケースに関して、データ管理者は、少なくとも、管理者の側で人間の介入を受ける権利、個人の立場を表明する権利、決定に異議を唱える権利を含む、お客様の権利と自由および正当な利益を保護するための適切な措置を実施します。 
     

  10. 監督当局に苦情を申し立てる権利

    他の行政的または司法的救済を害することなく、お客様は、自己と関係する個人データの取扱いがGDPRおよび該当するデータ保護法に基づく類似の規定に違反すると判断するときは、特に、お客様の居住地の加盟国、就業場所の加盟国又は違反行為があると主張する場所の加盟国において、監督機関に異議を申立てる権利を有します。 

    異議が申し立てられた監督当局は、その異議申立人に対し、GDPRの第78条および該当するデータ保護法に基づく類似の規定に基づく司法的救済の可能性を含め、異議の進捗状況と結果に関し、情報提供します。 
      

    Version: May 2020

Edag Weltweit