News

SRD FUSION ENGINE: 自動運転機能のための強力な開発ツール

さまざまな車両環境センサーからのデータをリアルタイムで車両環境モデルに組み合わせることは自動運転機能の開発に基本要件です。収集されたデータの融合には2つの方法があります。「オブジェクト融合」では車両や歩行者などのオブジェクトが検出され各センサーによって個別にマークされます。全体像を与えるためのオブジェクトの融合は後で行われます。一方、センサー生データフュージョン(SRDフュージョン)ではデータはすべてのセンサーの生データのレベルで既にマージされておりオブジェクトはこの全体的なデータベースから認識してマークされます。

EDAG BFFT ElectronicsのSRD Fusion Engineは2番目の方法を使用しており運転支援システムと自動運転機能に取り組んでいる開発エンジニアの手に非常に効果的なツールであることが証明されています。 SRD Fusion Engineは車両環境モデリングを新しいレベルに引き上げます。

 

=>RADAR / LiDARとカメラからのセンサー生データに基づく360度3Dデータ融合

=>蓄積された3D点群を持つ静的および動的オブジェクト(グリッドマップ、SLAM)のマッピング

=>後処理によるセンサーの視野外の動きの予測

=>オブジェクト認識の品質に関わるメトリクス計算

=>結果に考慮したすべての参照データを初期データへ保持可能

=>追加センサーまたは機能モジュールを迅速かつ簡単に実装できる最新のモジュール式アーキテクチャー

=>システムのオフラインアプリケーションを備えた開発エンジニア向けにテスト実行全体からのすべての情報を利用可能

 

SRDフュージョンエンジンを使用するによりレーダー、LIDAR、カメラデータによって車両環境の静的要素と動的要素が識別されこれらの情報を使用して複雑な状況を解釈または予測できます。このためSRDフュージョンエンジンはさまざまなシステムのデータを360度の画像に融合しオブジェクトの動きを記録して車両の周囲の3Dマップを作成します。 DGPSや超音波などの追加タイプのセンサーもSRDフュージョンエンジンに統合できます。

 

オブジェクト分類やレーン認識などの追加モジュールによるシンプルな拡張性によりモジュール設計が継続されます。

 

C ++でプログラムされたモジュラー機能によりSRD Fusion Engineは通常の自動車フレームワークADTFおよびROSで使用できます。

 

SRD Fusion Engineの可能な用途は次のとおりです:

 

車両ベースのセンサーフュージョンの評価により生産開始までの時間を大幅に節約

詳細な3Dモデルを参照として使用したオブジェクト認識の評価

さまざまな運転支援または自動運転機能の評価

センサー性能テスト、センサーとその限界の分析

Edag Weltweit